花には水を 人にはアートを 鉛筆画教室の風景

過去の教室風景をしばらく載せていなかったので、ここ最近の画像をアップしました。

前回のノブ鉛筆画教室です。皆さん集中しています。

二人並んでいる方は親子で参加してくださいました。今日はリンゴと球体の練習。

したの画像になります。

見えにくいかな。

二人とも、鉛筆画は初めてでしたが、丁寧に鉛筆を動かす方です。

センスがいいです!

娘さんは猫を描ける様になりたいそうです。きっと成れます!

お母さんは果物や自然のものに興味がおありです。

描いていると意欲が沸くわね、って。嬉しいお言葉です。


こちらは、愛するお子さんの絵を描くお母さん。4ヶ月目の方です。4ヶ月と言っても、月に一度の教室ですから、ひと月の合間にコツコツとお家で描いてらっしゃるんですね。素晴しい!!


色鉛筆も教えます。愛犬の絵を描きたいとおっしゃっている、パステル画が得意な生徒さんです。

パステル画の画像を見せていただきましたが、本当に素敵な絵なんですよ!皆さんにも見せてあげたいです。


こちらは月に2回、武蔵野市の西久保コミュニティーセンターで行なっている子供鉛筆画教室の風景です。(小学3年生の子供たち。こちらは現在生徒さんの募集はしていません)

はじめは、見よう見まねが大切なんです。

図形に影をつけて立体的に描く練習です。


基礎の練習はむずかしいからキライ!と言いながらも始まったらコツコツと描き出します。

基礎が終わったら自分の好きな絵を描いてもいい時間があります。


こちらは夜の鉛筆画教室で行なった早描きレッスンのときにフィギュアを見ながら、生徒さんが描いたものです。

教える僕も伝え方をもっと勉強しないといけませんが、本当によく描けているのです。
もう二人いらして、ミッキーマウスの早描きと、リアルな髪の毛の絵を描いていて素晴しかったんですが、撮影し忘れました。。。。

教室でどんなことをやるのか興味ある方のために、このHP内でのレクチャーなども考えていますので、またそのときはお知らせしますね!

生徒さんと、たくさんたくさん絵の話やアートの話をしたいです。

ではまた!

鉛筆画作家 角田信彦